なぜ電気自動車か?

V2H機器で電気を使う
i-MiEVオーナーズボイス
MINICAB-MiEVオーナーズボイス
電気自動車開発の歴史

家での充電が手軽

これまでのエンジン車と大きく違うのは、自宅でエネルギーを補給できること。これまでのようにガソリンスタンドへ行く手間もなく、眠っているあいだに充電もできるから、とってもお手軽です。

*

街での充電も安心

いま、ショッピングセンターやコインパーキング、サービスエリア、コンビニエンスストア、三菱のお店などに、充電スポットが次々と登場。街を走っていても、いろいろな場所で充電できるから安心です。

*




電気ならではの
メリット。

じつは電気自動車は経済面でも実用的。購入時から補助金などのサポートが受けられます。さらに工夫すれば夜間の充電*で、電気代を抑えることも。そんな、エコノミーな車でもあるんです。

*: 夜間料金適用には、別途電力会社への申し込みが必要です。

*

地球にやさしい。
人にやさしい。

電気自動車は、地球温暖化の原因となるCO2、大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を走行中に一切発生させないから、環境にやさしくエコロジー。地球と人にやさしいクルマです。

*


*

EV技術を「脱石油社会」「低炭素社会」
実現のための中核技術へ。

三菱自動車の環境対応技術

環境技術の中核として、MiEV技術を推進

MiEVとは、「Mitsubishi innovative Electric Vehicle」の略で、大容量のリチウムイオン電池、小型・高性能モーターなど、三菱自動車が誇る多くの革新的な技術を搭載した電気自動車の総称です。自動車が解決しなければならない環境問題には、「環境汚染防止」や「地球温暖化防止」、そして近年では「脱石油」という観点からの「エネルギー多様化」などがあげられます。三菱自動車では、この「MiEV」を、これら3つの課題解決に向けた当社のコア技術と位置付け、重点的に開発を進めた結果、世界に先駆けた量産型・新世代電気自動車「i-MiEV」を発表するに至りました。このほかにも既存のエンジンの改良をはじめ、クリーンディーゼルエンジンやグリーンプラスチックの開発等、石油価格の高騰と地球温暖化の深刻化により、飛躍的に高まっている環境対応車へのニーズに対し、さまざまな取り組みを行なっています。


上へ戻る

カタログ請求

カタログはお近くの三菱自動車のお店へ

*店舗検索

カタログは当サイトからもご請求いただけます

*オンライン請求